プロフィール


「POPでカジュアル、そして、エネルギッシュ」

 

国立音楽大学卒業。カナダ政府主催Victoria国際音楽祭マスターコースでタラス=ガボラに師事。レイ・チャールズ、ディオンヌ・ワーウィック、X-JAPANなどを始めとする、国内外のアーティストと多数共演した後、2001年NHKスタジオパークにおいてソロ・アーティストとしてデビュー。

1998年1stアルバム「ミストラル」をリリース。その後、2001年リリースの2ndアルバム「Floracion(フロラシオン)」の収録楽曲が、リスボン(ポルトガル)で行われた世界体操祭の音楽として採用され、本人も同イベントに出演、ドレミ出版より楽譜が発売されている。

2006 年アルバム「graphix」をリリース。2008年5月、Newアルバム「SCAT CAT」~ねこの気持ちになれる爽快&癒し曲集~を発売。  テレビ、ラジオ番組にも多数出演。TV番組「朝まるJUST」(千葉テレビ、テレビ埼玉、TVK)ではオリジナル曲「SCAT CAT」がON AIRされる。

また、ライブ・コンサート活動を全国で展開(愛・地球博、日本科学未来館、新高輪プリンスホテル、STB139、etc…)POPS、ROCK、ラテン、ジャズのエッセンスを巧みに取り入れ、情熱的なライブパフォーマンスは好評を博している。最近では、POPSやROCKを ギターと共にアコースティックにアレンジ。バイオリンの新たな可能性を広めている。

さらにTBSドラマ「輪舞曲(ロンド)」ではチェ・ジウのバイオリンの指導を行うなど、多岐にわたり活動中。

岩浪洋三(ジャズ評論家,SwingJournal元編集長)

依田彩のヴァイオリンは、パワフルなプレイ、そしてその音の美しさに惚れた。

熊谷美広(音楽ライター)

バイオリンって、こんなに豊かで、こんなにカラフルで、こんなにステキで、こんなに自由な楽器なんだー 依田彩の演奏を聴くたび、ぼくはそれを実感する。

動画はこちらです。(Youtubeで依田彩で検索していただくと出てきます。